戦略だけの経営コンサルだと会社が潰れる例


経営コンサルタントは、クライアント企業の経営状態を改善し、さらに成長できるような戦略をアドバイスするという役割を担っています。
しかし、業界の動向や企業風土などを考慮せず、戦略だけを押しつけると企業が潰れてしまうこともあるのです。
その例として挙げられるのがアメリカの大手エネルギー企業だったエンロンです。

経営コンサル

エンロンの経営コンサルティングを担っていたコンサルティングファームは、社員をクラス分けする「スター制度」という戦略を提案しました。
しかし、その戦略によって上位クラスと認められた一部の社員が自身の能力を過信してトレーディング事業を立ち上げた結果、莫大な損失を出してエンロンが粉飾会計を行うきっかけを作ってしまったのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ