エレベーターの天井ってどうなってるの?


エレベーターの天井には脱出口が設置されています。

しかし、この脱出口は中から勝手に出ることは基本的にはできません。

なぜなら、外側から鍵が閉められているためです。

ではなぜ脱出口があるのでしょうか。

それは、エレベーターも十分管理していても故障して止まってしまうことは想定されます。

故障したエレベータを修理できる会社

そのような時にはまず、安全に中にいる人を近くに階にエレベーターを停止させて脱出させようと動きます。

その際に、勝手に中の人が出てしまったら大事故につながってしまうためです。

脱出口は中に閉じ込められてしまった人を救出する最終手段として、外から中に閉じ込められた人を救出するための救出口となっているのです。

したがって、もし閉じ込められたとしても慌てて天井から外に出ようとせず、インターフォンなどで外部と連絡を取れるように努力したほうが良いのです。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ